みちのく銘石 芝山石とは?

古来より様々な銘石を産出している 日本有数の石材産地・福島。
その気候、風土により育まれた銘石は、 強度においても日本の風土に適しており、 日本人の心を宿すにふさわしい逸品です。
そんな石材産地・福島を代表する銘石の一つが「芝山石」です。
芝山石は福島県石川郡古殿町で採掘されています。
いわき市、平田村、古殿町の3市町村にまたがる広大な公園「芝山自然公園」
その公園の一角で採石されているのが、みちのく銘石・芝山石です。
 

日本人が日本人のために

日本人が日本人のために石を削り出す。
職人が思いを込め、叩き鳴り響くセリヤの音。
職人の魂が込められた一撃、一撃が、石に魂を宿す。
そんな当たり前の事が近年、失われてきました。 古来より続いてきたそんな当たり前の伝統を、現在でも当たり前に芝山採石場では行っています。
現在、芝山採石場では熟年の職人達が己の目と腕一本にこだわり、石材採掘に日々従事しています。
 

特性


 

芝山石の特徴は、国産材トップクラスを誇る低吸水率、水を吐き出す撥水性が高い事です。
また、硬度も極めて高く、職人泣かせの石でもあります。それは石を叩いた時に、金属音のような甲高い音がしたり、加工時に切削機が火花を散らすこともある程。
それらの優れた特性から、芝山石は極めて耐久性と艶もちが良く、変化が少ない永遠の墓石材として愛されています。
 

 石材物性データ

見掛け比重

2.62t/㎥

吸水率

0.09%

圧縮強度

104.83N/m㎡

岩石分類

花崗岩

設備・その他

最新技術

芝山石採石場では、平成19年に品質向上、大材確保のためワイヤーソーを導入。
現在、安定した採石量を誇っています。
 

検品

採石場でのベテラン職人の検品後、工場へ原石を搬入、ベテラン職人がさらに洗浄し、石目、状態を徹底的にチェックしています。
複数回に及ぶ徹底した品質管理が、芝山石を支えています。
 

設備

芝山石をスラブ材、角磨き材、製品などいかなる形でも出荷できるように工場施設を充実させています。